[YouTubeチャンネル] タブラで段ボールスピーカーの実力を試してみました!

『境界剪画』作家の杵淵三朗氏の制作する段ボールスピーカー。

出力スペックは28Hz〜120kHz。10Hz〜50kHzのアンプで、システムとしても28Hz〜50kHz、高周波から低周波までかなり余裕を持ってカバーしています。

実際に、タブラのライブ演奏でどこまで使えるのか?

試してみました!

[チャンネル登録お願いします!]

新しく立ち上げた YouTubeチャンネルでは、自分の演奏の他にも、インドで収録した本場の演奏映像の他、タブラとインド音楽に関わるものを色々とコンテンツとして加えていけたらと思っています。良かったらチャンネル登録して応援していただけると嬉しいです。